うつむく男性

肉体の症状

寝付けない

うつ病の診断をすることで患者の悩みの1つになることが睡眠不足です。不安感が膨らむことで眠れなくなり、眠ったとしても少しの物音で目覚めてしまうことが多くなります。そのため、うつ病に掛かると十分な睡眠をとることができない悩みを抱えることがあります。睡眠不足になるとストレスが溜まります。ストレスが溜まることでうつ病以外にも様々な病気に掛かる可能性が増えます。また、倦怠感を感じることもあり、やる気が失われることに繋がります。

身体の痛み

うつ病と診断で発覚している人達の症状の中には、身体のどこかが常に痛いという感覚が現れることがあります。その感覚は一般的なことが多く、筋肉痛や頭痛、腰痛などの症状が現れます。上記のような症状が常におきるので、精神的な負担が大きく動く気力をなくすことがあります。医者が行なう診断方法でも、「最近頭痛や身体のどこかが、常に痛みを感じることがある」などの質問を行なうことがあるほどに、うつ病に掛かることで現れる症状と言えます。

食欲の変動

うつ病になることで現れる症状の1つに食欲があります。診断項目の中でも。「食事の量が軽減または、増加したか」の質問があります。食事のリズムがストレスにより、変化することがあります。そのため、うつ病に掛かることでストレスがたまりやすくなり、通常の食欲と違いが現れます。上記のことがあるので、食事が変わることで栄養バランスが崩れてしまい病気に掛かりやすい身体になる可能性もあります。

うつ病の変遷について

うつ病は先進国に多いと言われていますが、日本も神戸経済成長を経て社会が豊かになるにつれてうつ病が増えてきました。うつ病はこれまで精神病のような扱いをされてきましたが、最近ではうつ病と言う名前を聞かない日はない位にメディアにも取り上げられています。このように一般的になりつつあるうつ病ですが、まだまだ偏見が多いのも事実です。まずは、周囲がうつ病の人の実態を理解することが重要です。うつ病はどのような症状があり、どのくらいの辛さがあるのかを意識するようにしてください。それが、病を持つ人の気持ちを楽にします。インターネットなどでも簡単に調べることができますので、関心がある場合には症状等について調べてみてください。

簡単なチェック方法について

薬物治療がメインだったうつ病治療ですが、最近では新しい治療方法が誕生してきています。その一つに、運動をするという方法があります。うつ病は薬物だけではなく、体を動かすだけでも改善できることが知られつつあります。ですから、少しでもいいので毎日運動することが重要なのです。もちろん、重度のうつ病の場合には体を動かすことがなか難しいケースもあります。また、しっかりとした医者の診断を受けることも重要です。最近ではインターネット上で簡単に診断できるテストなどがあります。チェック項目を読むだけで簡単に診断することができるので、それらを利用しても良いでしょう。しかし最終的には専門家の診断を仰ぐことが必要な事は忘れないでください。